修復 漆芸 河井菜摘 個展

2019年11月23日(土)〜12月1日(日)
12時〜18時半営業
 会期中休廊日:28日(木)
 河井さん在廊日:11月23日(土)、12月1日(日)

器の修復を中心に活動されている
河井菜摘さんの個展を開催します。
金継ぎ、金継ぎ蒔絵、古い漆器や重箱へ
の絵付けの作品を展示販売します。


河井 菜摘 KAWAI Natsumi -
鳥取、京都、東京の3拠点で生活をし漆と金継ぎを主軸とした修復専門家として活動。
日常使いのうつわから古美術品まで1000点以上の修復を行う。
修理の仕事の他に各拠点では漆と金継ぎの教室を開講し、漆作家としても活動する。

修復 漆芸 河井菜摘 個展

2019年11月23日(土)〜12月1日(日)
12時〜18時半営業
 会期中休廊日:28日(木)
 河井さん在廊日:11月23日(土)、12月1日(日)

器の修復を中心に活動されている
河井菜摘さんの個展を開催します。
金継ぎ、金継ぎ蒔絵、古い漆器や重箱へ
の絵付けの作品を展示販売します。


河井 菜摘 KAWAI Natsumi -
鳥取、京都、東京の3拠点で生活をし漆と金継ぎを主軸とした修復専門家として活動。
日常使いのうつわから古美術品まで1000点以上の修復を行う。
修理の仕事の他に各拠点では漆と金継ぎの教室を開講し、漆作家としても活動する。

KNITOLOGY・bubun 合同展

2019年11月2日(土)〜10日(日)
 会期中休廊日:7日(木)
 デザイナー・作家在廊日:2日(土)

ニットブランド KNITOLOGY と
ジュエリーブランド bubun の
合同展示会を開催します。
素材に対して実験的な姿勢を感じる2ブランド。
それぞれのブランドの美しさと哲学を感じていただければ幸いです。

KNITOLOGYは、当店にて常設で取り扱うニットブランドです。
本展ではワークコートやジャケットの他、
ワンピースやカシミヤのガウン・マフラーなど全てのアイテムが並びます。
新たに始まったメンズのラインも届けていただきます。

bubunは、ガラスを素材として美しい造形を生み出すジュエリーのブランドです。
関西では初めての展示会となります。
bubunの作品を一堂にご覧いただける貴重な機会になるかと思います。

KNITOLOGY・bubun 合同展

2019年11月2日(土)〜10日(日)
 会期中休廊日:7日(木)
 デザイナー・作家在廊日:2日(土)

ニットブランド KNITOLOGY と
ジュエリーブランド bubun の
合同展示会を開催します。
素材に対して実験的な姿勢を感じる2ブランド。
それぞれのブランドの美しさと哲学を感じていただければ幸いです。

KNITOLOGYは、当店にて常設で取り扱うニットブランドです。
本展ではワークコートやジャケットの他、
ワンピースやカシミヤのガウン・マフラーなど全てのアイテムが並びます。
新たに始まったメンズのラインも届けていただきます。

bubunは、ガラスを素材として美しい造形を生み出すジュエリーのブランドです。
関西では初めての展示会となります。
bubunの作品を一堂にご覧いただける貴重な機会になるかと思います。

reimi 鏡展
" mirror mirror mirror "

2019年10月12日(土)〜22日(火) 11時〜18時半
 会期中休廊日:17日(木)
 作家在廊日:12日(土)、13日(日)

reimiのミラーは、ステンドグラスの技法をもとに、
フリーハンドで鏡をカットし、制作されています。
今回の為に形取られた鏡、
藍色と茜色に染められた馬毛のタッセルを使った
新作の鏡などが並びます。
彼女の描く甘美な曲線をお楽しみ下さい。

reimi 鏡展
" mirror mirror mirror "

2019年10月12日(土)〜22日(火) 11時〜18時半
 会期中休廊日:17日(木)
 作家在廊日:12日(土)、13日(日)

reimiのミラーは、ステンドグラスの技法をもとに、
フリーハンドで鏡をカットし、制作されています。
今回の為に形取られた鏡、
藍色と茜色に染められた馬毛のタッセルを使った
新作の鏡などが並びます。
彼女の描く甘美な曲線をお楽しみ下さい。

嘉手納重広 個展
"stick to circle"

2019年9月21日(土)〜29日(日)  11時〜18時半
 会期中休廊日:25日(水)
 作家在廊日:21日(土)

嘉手納重広さんの個展を開催します。
木を中心に、磁石や金属などの素材を組み合わせた
作品を制作されています。
常に独自の目線でものと対峙する姿勢に
惹かれます。
花器やキーホルダーや
真っ直ぐな線を描くオブジェなどを展示します。

嘉手納重広 個展
"stick to circle"

2019年9月21日(土)〜29日(日)  11時〜18時半
 会期中休廊日:25日(水)
 作家在廊日:21日(土)

嘉手納重広さんの個展を開催します。
木を中心に、磁石や金属などの素材を組み合わせた
作品を制作されています。
常に独自の目線でものと対峙する姿勢に
惹かれます。
花器やキーホルダーや
真っ直ぐな線を描くオブジェなどを展示します。

「発掘品展 vol.2 土器とモード」

2019年9月1日(日)〜16日(月) 11時〜18時半
水・木曜日休み

toripie京都店の開店に合わせまして、企画展を開催します。

昨年、大阪にて開催した発掘品展の第二弾を、
今回は"土器とモード"というテーマで挑みます。

古いものと出会った時に、
不思議な感覚を覚えることがあります。
紀元前という想像のつかないほど
古い時代のものであっても、
現代の目線から新しさを再発見するのです。

今回も日本の土器を中心に、
現代的な造形美を感じる発掘品を集めました。
紀元前から18世紀にかけて、西洋、オリエントから東洋のものまで。

古代の人々と感性が響き合うことに
驚きと喜びを感じます。
そして、皆様ともこの感覚を共有できれば幸せです。

場所:
toripie KYOTO
京都市左京区新先斗町133
サンシャイン鴨川102
.

「発掘品展 vol.2 土器とモード」

2019年9月1日(日)〜16日(月) 11時〜18時半
水・木曜日休み

toripie京都店の開店に合わせまして、企画展を開催します。

昨年、大阪にて開催した発掘品展の第二弾を、
今回は"土器とモード"というテーマで挑みます。

古いものと出会った時に、
不思議な感覚を覚えることがあります。
紀元前という想像のつかないほど
古い時代のものであっても、
現代の目線から新しさを再発見するのです。

今回も日本の土器を中心に、
現代的な造形美を感じる発掘品を集めました。
紀元前から18世紀にかけて、西洋、オリエントから東洋のものまで。

古代の人々と感性が響き合うことに
驚きと喜びを感じます。
そして、皆様ともこの感覚を共有できれば幸せです。

場所:
toripie KYOTO
京都市左京区新先斗町133
サンシャイン鴨川102
.